英語を使った仕事に就く時の注意点

PR|http://www.iec-cals.co.jp/|

英語を使った仕事がしたいという場合、いくつかの選択肢があります。海外派遣も視野に入れてバリバリ働いたり、地元に腰を据えて英会話教室の講師になったり。しかし、これらは本当に英語が使える仕事なのでしょうか。その実情に迫ります。

海外派遣で英語を使うことを考えると、大手貿易商社などにエントリーする必要があります。採用されてもすぐに派遣してもらえるわけではありませんし、部署によってはそのまま日本に何年もとどまったりすることもあります。行く場所を自由に選ばせてもらえないことも考えると、デメリットも多いと言えるでしょう。実際、友達で英語が使えると思って入社した貿易商社では、月に一回送られてくるかこないかの英語の簡単なメールを読んで返信するだけと言っていました。これでは英語を使った仕事とは言えません。

一方、英会話教室の講師になるのは、必ず英語を使います。この点はしっかり保証されているはずですが、きっと自分の英語力を上げたいと思っている人にとっては物足りない仕事になってしまうでしょう。何故なら、自分は相手の英語力を上げる役割であり、自分の英語力を更にあげてくれる存在がいないからです。同僚や先輩はいても、日本人ならわざわざ英語でやりとりしないことが多いです。仕事をするようになって英語力が上がったということは期待できないのがネックです。

このようなことから、もう一人の私の友達は英語を使う職を諦めました。今までやってきたものをすっぱりやめるのには抵抗があったそうですが、地元で英語を使う職というのはないとわかり、プライベートで英語を使うことに決めたそうです。銀行なら休みがとりやすいので、そのまとまった休みを使って海外旅行へ行くということを実行しており、とても充実した生活を送っています。

英語を使った仕事に就きたくて就活をしているなら、入社後のことを知っているOB、OGに話を聞くべきだと思います。そうしないと英語を使うか怪しい場合もあります。

PR|サプリメント|お小遣いNET|心の童話|お家の見直ししま専科|住宅リフォーム総合情報|貯蓄|アフィリエイト相互リンク|生命保険の口コミ.COM|工務店向け集客ノウハウ|内職 アルバイト|JALカード|SEOアクセスアップ相互リンク集|生命保険の選び方|マッサージのリアル口コミ.com|英語上達の秘訣|サプリメント|オーディオ